そもそもストレスってなぁに?





前回記事の拍手コメントで
少し気になる内容があったので
ちょっくら予告内容を延期して

そもそもストレスってなぁに?

ってことを少し記事にみる




またまたこの多すぎる独り言シリーズは
能書きだらけだし 字ばっかりでつまらん!って方は
サクッとスルーしてくだされ~




結構誤解されてるなぁ~って思うことに

ストレス=つらくて嫌なこと

って思っている人が多い気がする


実はこれは違っていて
ストレスって
楽しい時も 嬉しい時も 悲しい時も つらい時も
つらいとか楽しいとかは全く関係なく




心や体に受けるありとあらゆる刺激
これがストレス


※画像と記事は特に関係ありません
P1140880_1.jpg



ストレスと言うと無い方が良いような気はするが
刺激と言われると
無さすぎても少なすぎても
体調不良を引き起こしてしまいそうなのは
なんとなくわかる気がしないだろうか?




大切なのは
ストレス(刺激)とリラックス(刺激のない状態)の
バランス





わんこも同じだと思う


アールはドッグランでボール遊びをするのが大好き
でも大好きすぎて(刺激が強すぎて)
ずっとストレス(刺激)にさらされて
疲れ切ってしまう

私は旅行が大好き!
旅行中は嬉し楽しストレス(刺激)が目白押し
結局 家に帰ると
家が一番!
ドッと疲れが押し寄せる
誰しも経験あると思う


※画像と記事は特に関係ありません
20161013010032571.jpg

大好きなボール遊びと大嫌いなわんこが
どっちも混在している場所で
ダブルストレス(刺激MAX)だ

でもそのあと

信頼している家族とだけ過ごす
リラックスできる静かな時間
(受けたストレスを発散する時間)

このバランスがとても大事なんだと思う


※画像と記事は特に関係ありません
IMG_3117_1.jpg


とはいえ 昨今のペットたちは昔と違い
部屋で飼われているがゆえに
ストレス(刺激)が多すぎる傾向にある


擬人化されたり 過干渉などから
個体の性格によっては
心&体の不調の大きな原因となっている場合もある


私も含め
ストレス(刺激)が蓄積していることに
気づけていない人も多い

※画像と記事は特に関係ありません
P1150263_1.jpg


大切なわんこの心&体を守るために
日々の生活の中
受けたストレスは発散・解消できるよう
工夫して暮らすことが
非常に大切な気がする



人間と違い
わんこの一生は極端に短い


その短い犬生
楽しそうだから
嬉しそうだから
喜んでいるからと
そういったストレス(刺激)を長く続け
リラックスする時間とのバランスが崩れてしまうと
個体の性格によっては
不調をきたす可能性もある


それは下痢であったり
舐め壊しであったり
免疫力の低下だったり
様々な形で現れたりする


※画像と記事は特に関係ありません
IMG_2973_1.jpg



ストレス臭
も参考にしつつ
傍にいる飼い主が
きちんとバランスがとれるように
しっかり守っていけたらと思う


我が家の場合
性格が正反対の多頭飼いだ

どっちも飼い主にとっては大切な我が子

しかし 望んでもいないのに
ある日突然 一人っ子ではなくなった
先住犬ジェイリーのために
一日に一回必ず
一人っ子時間を作って
思いっきり
甘えたいだけ甘えさせることにしている



インスタグラムは
↓こちら↓


Instagram



ライン_6




本日の心理テストは
お休みです





いつも訪問ありがとうございます



コメントはお気軽にどうぞ!
時間を見つけて必ずお返事いたしますね(^_-)-☆



~本日も良い一日を過ごしてくださいね~







テーマ : 日々のできごと
ジャンル : ライフ

ストレスと体臭




ひっさびさに
母ちゃんの多すぎる独り言シリーズ
能書きシリーズともいう (←いつシリーズ化に?)


普段アホなことばっかり書いている当ブログ
たまには真面目なお話も
しっちゃおっかなぁ~って思い



 今日のテーマは 
ストレスと体臭




このシリーズ “字” ばっかりなので
つまんない方はスルーしてくだされ~(;^ω^)


わたくし 生まれたときから今日まで
ほぼほぼ
わんこのいない生活がない



そんな長年のわんことの生活の中で
今思えば…的な感じで
えっ?こういうことなん?
と最近になって気づいたことが多々ある (←遅くね?)


※記事と画像は関係ありません
IMG_3350_1.jpg


わんこ臭ってよく聞く言葉だけど
このわんこの“におい”の中に
ストレス臭
というのが存在することに気づいた


そこで このストレスと体臭について
調べてみた


わんこ臭って
ドッグフード カラー 犬種 などなど
その原因はさまざまだが
もっと注目されなきゃいけないのが
ストレス臭


人間は 疲れたり 極度のストレス下に晒されると
足の裏に異常に汗をかいたり
体臭や口臭が酷くなる


人間に関しては
ソコソコ勉強もしたし知っていたが



まさか わんこも同じだとは 知らなかった



カラーの濃い子は体臭が強いとよく聞く
しかし
うちのアールは真っ黒くろすけだが
体臭が全くと言っていいほど気にならない (←これほんと)

いつも寝ている場所の
バスタオルや毛布の柔軟剤の香り


トリマーさんも
『黒い犬は独特のにおいがあるのに…』と
アールの無臭っぷりに驚くほどだ
(ちなみにトリミングまで一か月間 特に汚れなければシャンプーはしません)



※記事と画像は関係ありません
IMG_3359_1.jpg



シーズー犬のジェイリーは
ソコソコ臭う犬種だけれど
普段 家の中で過ごしている時には 
こっちも殆ど気にならない



しかーーーし



この子はとても神経質な子で
病院へ行った時や 
ヨソの家で何度も名前を呼ばれたり
嫌のことを強いられると


ん?…なんか急に…犬くさっ!(←犬だし)


って感じで普段家ではしない臭いを放つ (スカンクか!)
なんかこう…犬のにおい!(←犬だし)
ただ そのストレスから解放されると
忽ちにおいは無くなってしまう



まさにこれこそ ストレス臭 である



※記事と画像は関係ありません
IMG_3209_1.jpg


今まで わんこのストレスサインは
成犬でも尻尾を追いかけてずっと回っていたり
よく自分の体を舐めたり掻いたり
あくびをしたり
ブルブルと体をふるう動作をしたり
だと思っていた


毎回 同じ時間に散歩していると
その時間に散歩に行けないことでストレスを与えるから
時間は決めない方がいいとか
いぬのき〇ち なる本には書いてある





ストレス ストレス といっても
人間と同じで
同じ環境下 同じシチュエーションでも
ストレスと感じるわんこもいれば
なぁ~んとも思わないわんこもいるはず

10頭いれば10頭の性格があり
その中には
ストレスに強靭なタイプもいれば
とても神経質で繊細なタイプもいるはず



なので


多頭飼いが増えてきた昨今
タイプの違うわんこを
みんな同じように過ごさせている時に

なぜか同じご飯を食べさせているのに
この子だけ “臭う” 


なんてことがあるかもしれない


そんな時は
この子の体質なのね…とか
たぶん遺伝ね…とかで済ませず


一頭だけ体臭の強い子がいたら
ストレスを抱えていないか考えてみるのも
ひとつかもしれない



人間もわんこも
ストレスは寿命に大きく影響するので
今後もストレスは軽視せず
きちんと対処していこうと思う



この能書きシリーズ ちょこと続くかも?
次回は 食べムラと潜む病について…書く予定
予定だよ よ・て・い w




※記事と画像は関係ありません
IMG_2979_1.jpg






インスタグラムは
↓こちら↓


Instagram



ライン_6




本日の心理テストは
お休みです



いつも訪問ありがとうございます



コメントはお気軽にどうぞ!
時間を見つけて必ずお返事いたしますね(^_-)-☆



~本日も良い一日を過ごしてくださいね~





続きを読む

テーマ : 日々のできごと
ジャンル : ライフ

意に反して深まった絆





今回の記事は内容が重く
楽しい記事ではありません
特定の人に向けての記事となりますので
ご興味のない無い方はスルーしてください





先週末の土日
高校の修学旅行以来行ったことがなかった
広島へ行きました



この旅は 年明けに発覚したある人の嘘で

仲たがいになっていた仲良しのブロ友さんと

お互いに陰でどんな嘘を言われ

どんな人間にされていたのかを

電話やメールではなく

きちんと目を見て話し 誤解を解く為に

急遽 集まることになった旅です




集まった友達は
君が笑ってくれるなら…小さなプードルっ娘・ひかる・六花・茉莉花のお話のHIKKANOさん
ここあと一緒♪のここママさん
です



そして こうして記事にするかどうかも

みんなで夜通し話し合い

たくさん悩み たくさん意見を交わし

時には涙しながら話し合い決めました



正直 誰もが自分たちの可愛い子たちのブログに

このような記事は書きたくありません

私たちも初めは話し合うだけで 何も書かないつもりでした

私自身も 常に “忘れることが最大の復讐” というのが信条で

今まで生きてきましたから



しかし 彼女の嘘に終わりはなく

未だに 私 ばうりんがるが 彼女の友達を取り込み
 
彼女だけを排除したと言っていることを知り

今までずっと黙って静観していたけれど

1年以上一緒に彼女を見てきて ことの詳細を全て知っている友達も

これ以上彼女の嘘を放って置けないと

記事にする必要があると 立ちあがってくれました






私 ばうりんがるは 今まで54年間生きて来て

こんなに堂々と平気で嘘をつき

巧みに人の気持ちを操る人に出逢ったことがありません

もちろんこんな裏切りを受けた経験もありません

10年 20年 30年 もっと長く付き合っている友人もたくさんいます



知り合って1年間 私と仲良く電話で話している裏側で

共通の友達に

『ばうさんは怖い人』 『ばうさんは嘘つき』だと言い

近づかない方がイイ人だと思いこませ

別の友人にはCさんがばうさんのことをそう言ってたと

まるで自分が気をつけるようCさんに言われたように話す



逆に私にはCさん始め 

私の知らないブロガーさんの悪口を言い

ある仲良しブロガーさんのことを

私を信用していない 腹を割っていないと言い出す始末



繰り返される気に入らないブロガーさんの悪口の嵐や

つじつまの合わない言動にとうとう私は

今までの様にお付き合いできないと年末に告げました



その後の彼女はというと 

それまで2か月もの間 関係を絶っていたCさんに電話し

怒涛の嘘を言い始めました

自分が私との関係を切ろうとしたら上手く切れなかった

今ばうりんがるは

自分に関係を切られ 怒りから何をするかわからない

あの人は本当に怖いから…





1年間・・・

彼女の巧みな嘘と 人の心を操る話術にすっかり騙され

友達同士の横のつながりを絶たれた状態だった私たち

勇気を出して連絡を取り合い

やっと今まで不自然に思っていたいろいろな話が

全部でたらめだったということを知ることになりました



私が聞いていたCさん始め他の仲良しブロガーさんの

『こう言っていた』『こんな事をする人』『頭がおかしい人』など

殆ど彼女自身が思っていたこと していたことだったのです




実は 去年の秋以降

私は彼女の事で 悩みに悩み 年始早々に

重い 重い 記事をUpしました

深い事情がわからない家族からは非難もされ

辛く悲しい思いもしました

心優しいブロ友さんからは

意地悪をされても根に持つことなく 失敗しても落ち込まない
そんな風になれたら きっと楽に生きていけますね


と柔らかく苦言を呈して頂きました

記事をUpしたことを後悔したりもしました



しかし その記事を読んで

今までコメントでしかお話していない

彼女を知る多くの人から 

思い当たることがある

ばうりんがるさんを信じます!と仰って頂き

折れそうになった心が支えられました



そして・・・



先週の土日 忙しい中 日程を調整し

やっと集まり 

今までの誤解も解くことができ

私たちの関係は

彼女の意に反して
逆に一層 絆が深まりました





もう私たちはぶれません

お互いを信じること

これが全てだと思います



彼女はきっと この先もこういうことを続けるでしょう

しかし 真実はひとつ です

どれだけ彼女が手を変え品を変え

巧妙かつ狡猾な手口で

あちこちに嘘を言って回っても

真実はひとつなのです



彼女の事を記事にするのはこれで最後にします

纏まりのない記事と内容に

気分を害された方 不愉快な思いをされた方

本当に申し訳ありませんでした



次回からはいつも通り
お坊ちゃまとやんちゃ坊主の日常を
楽しんで頂けるよう頑張ります


長い記事にお付き合いくださった方
ありがとうございました





ライン_6




本日は心理テスト・12星座占い
お休みさせていただきます




いつも訪問ありがとうございます



コメントはお気軽にどうぞ!
時間を見つけて必ずお返事いたしますね(^_-)-☆



~本日も良い一日を過ごしてくださいね~








テーマ : 日々のできごと
ジャンル : ライフ

散歩って必要?





前回に続き ミニシュナブリーダーさんからの

ふむふむ なるほどな話

今回はお散歩について



え~そして今回も

文字ばっかりでの記事

個人的意見 主観 てんこ盛りですし

多すぎる独り言には興味なぁーいって方 

ココ迄でドロンして頂けたらと思いまぁ~す



b_illust_41_0M_1.png



今回のお話はあくまでも
小型犬
を対象にしたお話です




今回ミニシュナを飼うことになった友人夫婦
共働きな上に 帰宅時間が遅い日も多い
友人が最も気がかりだった質問をした


『あのぅ~お散歩は毎日必要ですか?』


ブリーダーさんなんと答えるのか
私は興味津々だった

なぜなら

今まで知り合ったドッグトレーナー(3名)に
散歩は必要ないから!というブリーダーは
絶対に信用しないでください!

どんなに小さい犬でも犬である以上
絶対に散歩は必要です!

と毎回言われ続けてきたから

私はいつも
犬を飼う以上 散歩は義務
できないヤツは犬を飼うな!と思っていた
散歩しないのは虐待!とまで思っていた

なのでこのブリーダーさんが何と言うのか 
どきどき わくわくしていた


そうしたらそのブリーダーさん
『逆にお聞きしますが散歩は必要だと思われますか?』
と逆に質問してきたのだ

私は…ほぅら出た出た 
ブリーダー特有の
散歩は必要ない説だぞ!と思った



ところが その方が仰るには


散歩を運動だとお考えなら間違ってると思います
ただ歩くだけの散歩では運動にならないです
犬にとって運動とはノーリードで自由に走り回ることだけです

それに散歩で病気が治ったという犬を知っていますか?
散歩で糖尿病や腎臓病が治った犬が知り合いにいますか?

う~ん…なるほど 言われてみれば…

散歩で病気が治った犬など聞いたことが無い

ただ私は 今まで飼っていたわんこで考えると
共働きでなかなか散歩に行けなかった子たちと
毎日2時間散歩する今いる子たちとでは
明らかに家の中での落ち着き方が違うのだ


それを話したところ…


犬に散歩が必要な理由は
まさに犬の為ではなく
飼い主自身の為
なんだそうな



家で落ち着いて暮らしてくれれば楽だし
社会性を身に着けワンコラしなければ
どこでも連れて行けるわけだ


散歩の必要性はそれくらいなのだと


いろんな犬と出逢い
いろんな人間に触れられ
声をかけられ
においを嗅ぐことで
脳も刺激され頭も良くなる
記憶能力も活発になり
恐怖心なども軽減されていく


ならば逆に


ずっと家から出ない犬 出さない犬
飼い主とも出かけず
ずっとお留守番で一生過ごす犬

こういう犬には社会性を身につける必要もないし
家の中でお利口に暮らせるなら
散歩など必要ないと言うことになる


う~ん…考えてみれば


我がマンションで言うと
犬を飼っている家庭は全体の1/3(10軒ほど)
その中でも散歩をしているのは
我が家を含めてたった4軒
(排泄のための散歩が3軒)


散歩無し組犬種は
ミニシュナ・柴犬・アメコカ・チワワ・ミニチュアダックス

最初から散歩を教えなかったから
行きたがらないし大丈夫…だと仰る

確かに この家庭の子たちは
飼い主とお出かけもしないし年中お留守番だ
家での生活は何の不自由もないようだ


マンション内でお会いした時
ちょっと質問してみた…



たまにお出かけした時など
他の犬に吠えたり 向かっていったり
そういう問題行動とかないですか?


すると…


さぁ~どうなんだろうね~
犬連れてどこかへ行こうなんて思った事もないし
一回も連れて行ったことないから
わかんないわね~


あっ…そうですか…


なぁ~るほど そういうことか
家庭だけで暮らしていれば
多少の問題行動があっても
人に迷惑かけることもないから許せるし
他犬とのいざこざは経験がないから
全く気づかないわけね


いやいや
こうなると犬(小型犬)に散歩って必要なのか
さっぱりわからんようになってきたが


少なくとも
休日にはあちこち一緒に歩きたい人
他の犬と接触される可能性がある人に限っては
社会性を身に着ける意味でも
他人の犬にワンコラして迷惑かけない為にも
散歩は必要だということだね

そして結局のところ
J&Rにも散歩が必要ってことだ


うちのアールは今までにも
散歩でいろんなことを学んできた
初対面の人以外
人に吠えることはまず無くなったし
苦手なわんこも少しずつ減ってきた

においを嗅げるようにもなってきた
怖いものでも
ジェイリーを見て安心だと思うと
自分も近づけるようになった


散歩をすることで
そこで出会ういろいろなワンコたちに
犬社会のマナーも教わっている

なによりも

飼い主と一緒にいろいろ話しながら
あちこち歩くことがとても楽しそう
何度もアイコンタクトを取りながら
嬉しそうに歩く

ジェイリーはあちこちクンスカすること
アールと一緒に出掛けることが
とても楽しいようだ


ただし ブリーダーさん曰く大事なことは
犬に合わせるのでは無く
飼い主の生活パターンに合わせること
毎日行く必要もなく 時間もバラバラが良い
そのためにも
排泄習慣は外ではなく
家で排泄できるよう教えるのが良いそうだ



今回偶然出会ったブリーダーさんから
プチ断食や散歩の必要性など
目から鱗な話をいっぱい聞けたが


私は私らしく
誰かの意見に流されることなく
自己責任で判断し
悪いことは反省し
良いことは取り入れながら
J&Rに合った生活をしていこうと思う




※BGMが入っていますので音量にはお気をつけください




文字ばっかりのなが~い記事を
最後まで飽きずに読んでくださった方
ありがとうございます!m(__)m




ライン_6




本日は心理テスト・12星座占い
お休みします




いつも訪問ありがとうございます



コメントはお気軽にどうぞ!
時間を見つけて必ずお返事いたしますね(^_-)-☆



~本日も良い一日を過ごしてくださいね~





テーマ : 日々のできごと
ジャンル : ライフ

愛情と言う名の虐待





前回はちょっとイタズラな記事で

びっくりされた方もいて

ごめんなちゃいでっすm(__)m

拍手コメには

たっくさんの

“なぁ~んだ” “びっくりぃ~” “騙されたぁ~”

などのコメントをもらい

ほくそ笑んでおります(どS か!)



さてさて 本日の記事

文字のみでお送りするばかりでなく

個人的意見 主観もたっくさん含みます

常日頃 当ブログ記事を見ていて

この人とは価値観違うなぁ~って方 

独り言には興味なぁーいって方 

忙しくって時間ないわ~って方

この先へは読み進まず

ココ迄でドロンして頂けたらと思いまぁ~す



b_illust_41_0M_1.png




前回駄々こねて友人に同行した

ミニシュナブリーダーさんから

目から鱗な貴重なお話を聞いた

それはまさに

“愛情と言う名の虐待”

わんこにも絶対必要な

プチ断食のお話



実はわたくし 週一での絶食が必要なことは

以前 生食に変更する際

是非 実行してください!とも言われ知っていた


然しながら 良いとはわかっていても

そこはほれ

自分がつらいことをワンコに出来ないと思う

優しさは時に残酷

…な典型タイプ

結局出来ないまま時は流れ

最近になり 完全絶食は無理でも

プチ断食くらいなら…と

始めたばかりの時だった





そのブリーダーさんが言うには

犬に3食与えるなんて虐待です!と

2食でも場合によっては
(場合とは…運動量 代謝率 犬種などなど)

それすら虐待になる…そうな

しょっちゅう吐く子  すぐに下痢をする子

そういう子の殆どが食べさせ過ぎから来る

免疫力の低下 解毒力の低下

なのだそうな



私はこの話を聞いた時

なるほど…思い当たる子(わんこ)が数犬おり

胃液を吐くからと3回食事にされていたり

ご飯は2回だけれど

欲しがるままにおやつを与えられている子たち

その子たちはやはり頻繁に

吐いたり 下痢をしているが

飼い主は全く気がつかず

元気になってといろいろ与え

まさに愛情と言う名の虐待を続けている



かく言うわたくしも
数か月前まで
れっきとしたその虐待を
堂々と行っていた




幸い 我が家の子たちは

胃腸が丈夫なのか

嘔吐や下痢は全くもってして無縁だが

この免疫力の低下について調べ始めた時

知れば知るほど

自分が我が子にしていた行為を

大いに反省した




腸内環境は第二の心臓

とも言われる



日本には昔から“腹八分”という言葉があるが

これはわんこにも通じる言葉だと感じた



どれだけ食べても 

常に食べ物を欲しがるわんこは

ついつい足らないのかな?と

食間にもおやつなどを

与えてしまいがちだが


私に生食指導した獣医さんの話では
(この話をすっかり忘れて暮らすこと3年の大バカな私)
消化に費やすエネルギーは想像以上に大きな負担
人も犬も体のエネルギーの大半が消化に使われていて
それはなんとフルマラソン並

常に食べ物が体内にある場合
胃腸 肝臓 膵臓などがフル活動で働き続け
体は疲労困憊となる

そして代謝が悪くなったり皮膚や消化器官のトラブル
ストレスなどが起こり嘔吐につながる




これが虐待といわれる根源らしい



そして始めたプチ断食

我が家の場合

土日にはわんこ連れで遊びに行くこともあり

体の疲れから胃腸も疲れると判断し

プチ断食は毎週月曜日にしている



といっても全く何も口にしないわけではなく

水分補給は必要なので

夕飯(だいたい18時半頃)までの間に

野菜スープ150ccくらいを1回

りんごや梨 メロンなどを絞った果汁50ccを1回

欲しがればもう1回

少量の野菜スープを与え

計2~3回 水分のみを与える

そして夕方の食事はいつもより若干少な目で

ペースト状にした煮野菜に

豆腐と生肉にしている




これが思いの外 良い結果をもたらして

今も続けている



まず…

毎日ジェイリーよりも1.5倍の生肉を食すアール

よく臭いおならをしていたが

プチ断食をするようになって

それが全くなくなった

おまけにウンチョスも殆どにおわなくなった



わたしの周りでプチ断食を実践したわんこの中には

皮膚の状態がとても良くなった子

外耳炎が良くなった子

手足を舐め壊す癖が激減した子など

いろいろと効果を出している

注:別の病気がある子は必ず主治医とご相談ください



我が家の場合

上記のような症状は元々ないので

効果はおなら&ウンチョスくらいだが…(笑)



長年ドッグフード食だった子は

プチ断食後に出たウンチョスが

真っ黒なタール状(宿便?)だったと聞いた

我が家は生食なのでそれは無かったが

いつもプチ断食後のウンチョスは

とてもきれいで艶々している



まぁ何にしてもプチ断食も大事だが
わんこは生活環境上でのストレスが
一番の大敵であることには間違いない
私が幼い頃飼っていたわんこたちは
味噌汁かけご飯を
一日一回 夕飯だけの食事で
病気も無く
18歳 19歳 まで元気で生きて
老衰で亡くなった

この子たちは皆
外飼いではないにしろ
玄関内の土間 勝手口の土間などで生活していて
人間の過剰な視線 接触 過干渉とは
ほぼ無縁で暮らしていた

しかし昨今
室内飼いが増えたわんこたちは
必要以上に人間の視線にさらされ
弄られ 干渉され続けている

まさにこれも
愛情と言う名の虐待なのかもしれない


大切な家族だから のんびりしている時は
できるだけそっとしておく
短い大事な命だから




まだまだ3~4歳の我が子

どんなに私が頑張っても

生まれ持った命の灯は運命で決まっているだろう
(わたくし寿命は生まれた時に決まっているという考えなの)

でも…

その運命はきっとなが~く続くと信じて

健康で楽しく暮らせるよう

母ちゃんそこそこ頑張るよ
(いや しっかりと頑張れ)


P1110756_1.jpg
P1110757_1.jpg


このブリーダーさん

散歩についても熱く語ってくれたので

その話は次回ということで

母ちゃんの多すぎるひとり言は続く…




忘備録の為 プチ断食の効果を少し書いておくことにする
プチ断食については続きを読むへ…




ライン_6




本日の心理テスト・12星座占いは
お休みします




いつも訪問ありがとうございます



コメントはお気軽にどうぞ!
時間を見つけて必ずお返事いたしますね(^_-)-☆



~本日も良い一日を過ごしてくださいね~





続きを読む

テーマ : 日々のできごと
ジャンル : ライフ

ご訪問ありがとう
プロフィール

ばうりんがる

Author:ばうりんがる

シーズー(♂)
名前:ジェイリー

超お坊ちゃま気質
ナルシストなマザコン
好奇心旺盛
外面が良くても犬種独特の
頑固さは天下一品
変顔で7.9kgもある
でも純血種シーズー
動きはスローモーション

☆・‥…━━━☆

トイプードル(♂)
ドワーフタイプ
(短足胴長プードル)
名前:アール

ビビリでも正義感と
忠誠心は◎な元気っ子
飼い主には無抵抗
何されてもOK
7.5kgのブラックタン
動きは3倍速

ジェイ君いくつ?
アッ君いくつ?
今日のJRは何してる?
予定をクリックすると
別窓が開いて詳細が見れるよ

似顔絵
ブログうちのこ
のんさま作
http://blog-imgs-98.fc2.com/c/h/a/chachadaijr/unnamed_2.jpg

http://blog-imgs-86.fc2.com/c/h/a/chachadaijr/0SC02597_2.jpg

http://blog-imgs-42.fc2.com/c/h/a/chachadaijr/DSC02002_convert_20141030092232_1_201410302309384f1.jpg


わんこマルシェにて
ぶぶはこさん作
http://blog-imgs-67.fc2.com/c/h/a/chachadaijr/P1070196_3.jpg

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
インスタグラム
Instagram
にほんブログ村参加

月別アーカイブ
過去記事はここからどうぞ

全ての記事を表示する

カテゴリ
JR or ばうりんがるへメッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
お気に入りブログ
ブログ内検索
Amazon
楽天市場
僕たちのご飯 馬肉
僕たちのご飯 鹿肉
僕たちのご飯 鶏胸肉
僕たちのご飯 牛肉
僕たちの歯のケア用品
僕たちのサプリメント
僕たちのシャンプー&リンス
僕たちのトイレシート
僕たちの虫除けスプレー
僕たちのお掃除用品
QRコード
QR
こんなとこにも J & R
ドッグファン
携帯アプリ
JRブログが掲載されました