命を懸けて伝えてくれたこと ③





昨日の続き…


チャチャが命を懸けて伝えてくれたこと

それは 結局
『母さん、あの医者はダメ』
『ダイ君の命も危ない』
『早く 病院を変わって』


そんな心の叫びだったに違いない


その命の叫びは
彼女の大事な パートナー
ダイ君の命を救うことにつながった

IMG_3669_1.jpg

実は チャチャが旅立った頃
ダイ君の後ろ脚は突然立たなくなり
歩けない状態が続いていた


その医者が言うには
太りすぎなだけで 痩せれば歩けると!

確かに去勢後急に太りだしたため
そうなのかな…と思い
言われるがままに
ダイエットを頑張っていた


お散歩のために
その頃ではとても珍しかった
犬用カートを探し購入した


他に 首に鶏卵大に大きくなった
脂肪塊もあり
切除しなくても良いのか?と問えば
頸動脈があるからしない方がいい
悪性じゃないから大丈夫だと言われていた


しかし チャチャの死で
その医者への信用を全て失った私は
すぐに どこか良い病院を紹介してほしいと
いろんな人に尋ね
ある大きな病院へダイ君を連れて行った


そこで診断された結果はなんと
歩けなくなっていた足は
前十字靭帯断裂


首の鶏卵大になった脂肪塊は
最初 直径1㎝だったものが
たった3年で7㎝ほどになったのなら
9歳の今 この先5年生きると考えて
どんな大きさになるか…
と説明された


そして
『すぐに手術しましょう!』
と院長は言った




病院を変えたことで
ダイ君の耳もすっかり良くなり
(チャチャ同様に生後数か月からずっと悪かったため)
脳検査もしてもらい
髄膜炎の心配もないとわかり
前十字靭帯断裂も治って
ちゃんと歩けるようになり
大きな脂肪塊も切除し
数年ぶりに
ダイ君の細い首が復活したのである



その後
ダイ君は元気に過ごし
我が家にたっくさんの癒しを与え
15歳3か月の命を全うした



10歳まで特に大きな病気もせず
元気だと思いこんでいたチャチャは
21時頃に突然倒れ
わずか5時間という速さで
旅立ってしまった


救急病院の先生は
『酸素マスク外しますか?
ここにいても時間でお金がどんどん嵩みます』
とおっしゃって
『酸素マスクとったらチャチャは苦しいですか?』
という私に
『いいえ、もう全く意識はありませんから…』



苦渋の決断だった



でも 家に帰りたいだろうと思い
昏睡状態のチャチャを抱いて
泣く泣く家路へついた


まるで眠っているようなチャチャ


家で待っていたパパがそっと抱いた
その瞬間
大きく息を吸って
チャチャの首は力なくうなだれた



不思議なことにその時
ダイ君が大きな声で遠吠えをした
まるでチャチャの最期がわかったようだった

IMG_3674_1.jpg

やっぱり家に帰りたかったんだ
大好きだったパパに抱っこしてほしかったんだ


ほんの数時間前まで
この部屋で元気に遊んでいたチャチャ



その死をなかなか受け入れることはできず
数か月間も泣き過ごす日々だったが

チャチャが何を伝えたかったのか
早すぎる死には
絶対に何か意味があるはずだと
考えるようになり


その時のことが 今現在の
わたしのわんこ育ての原点になっている


IMG_3678_1.jpg


医者の言うことを真に受けないことも
自分の直感を信じることも
素人がする耳掃除はとても危険だということも

ドッグフードを簡単に信用しないことも
ストレスをなるべく与えないことも
犬らしく暮らさせることも
手作り食にしたことも


すべて
チャチャが教えてくれたこと




ブログを始めてからずっと
いつか記録しておこうと思っていたが
思い出すのが悲しくて
書くことができず
こんなに時が流れてしまった


チャチャ
本当に 本当に ごめんね


そして 心から感謝しているよ
本当にありがとう


これから まだまだ 続くわんことの生活
いろんな病気にもなるだろうけど


獣医の前で委縮してしまう母さんはもういないよ
異変に気付いた自分を信じて
疑問はぶつけて
必要なら 何回だって病院変わるよ
J&Rを誰よりもわかっているのは
母さんだって胸張って言うよ


天国から 見守っていてね


大好きなチャチャ
いつか必ず会いに行くから待っててね




IMG_3668_1.jpg



インスタグラムは
↓こちら↓


Instagram



ライン_6








テーマ : 日々のできごと
ジャンル : ライフ

命を懸けて伝えてくれたこと ②





昨日の続き…


腫瘍 リンパ腫 膿腫などが原因で
旅立ったわんちゃんの
友人や知り合いの話をたくさん聞き
調べていくうちに
チャチャの食べムラは
わがままでもなんでもなく
間違いなく
病気からくるものだったんだと
確信した


後に どの子も
病気を持っていた子は
多かれ少なかれ 食べムラもあり
ご飯を嫌がる日も
多かったということがわかった




旅立つ日の夜21時過ぎ
チャチャは突然ヨロヨロと歩きバタっと倒れ
昏睡状態になった
意識は殆どなく 
心音と 自発呼吸は なんとか確認できた

急いで救急動物病院へ行き
いろいろと調べて告げられたのは


『この子髄膜炎になっています
長い間かけて 耳の細菌が脳に回って
既に末期状態です
今はもうあと数時間もつかどうか…』


なに?えっ? さっきまで
家で遊んでいたのに?
毎月病院にも行ってたのに?


もう頭の中は 混乱しかない



IMG_3636_2.jpg
※記事とは関係ありません


チャチャはきっと…

ずっと ずっと 苦しくつらかったはず
なのに 私は
何も気づいてあげられず
数回ふらついた時も
心配いらないと言った医者の言うことを真に受け
大したことじゃないんだと思い込んでいた


毎月 耳の薬をもらいに通院していたのに…
医者には何度もふらつきを訴えたのに…


わたしは 元気だと思っていたチャチャを
数時間で 突然 失った悲しみから
自分が気づけなかったことを棚に上げても
ブリーダーが自信満々で紹介した
この病院を未だに許せずにいる


どうか どうか みなさん
もし…
もしも わが子に食べムラがあったなら
単なるわがままだって思わず
どこかに病気が潜んでいないか
今一度 よ~く観察し
しつこいくらいに
医者に調べてほしいと言ってみてほしい


セカンドオピニオンでもサードオピニオンでも
納得できるまで調べてみてほしい


動物は 自分の体に異変を感じると
消化に使うエネルギーを
最小限にし 治癒にまわそうとするため
まずは食事を摂らないようにする


生きるのに最低限必要な分だけしか
体に入れなくなる
絶食する動物も多い


何か月も 何年も
食事を進んでしたがらない子の場合
何かあると思ってほしい



ただ…
なかには 本当に わがままだけで
フードを食べない子もいるけどね(;^ω^)




チャチャは 自分の命と引き換えに
ダイ君の命まで奪われないよう
『この医者はダメ』
『母さん 気づいて』
と教えてくれたんだと思っている



お陰でダイ君の寿命が
大きくのびることになった





明日に続く…





息子の成人式写真
亡き母もチャチャ&ダイも一緒
もう13年も前
IMG_3636_1.jpg






インスタグラムは
↓こちら↓


Instagram



ライン_6







テーマ : 日々のできごと
ジャンル : ライフ

命を懸けて伝えてくれたこと ①





6年前の今日

1202-4_1_20171127142225732.jpg

こんなちっこい
まだ生まれて42日しか経っていない子が
我が家に来た

なぜそんな早くに来たのかはココに⇒★★★

生後5か月を過ぎたころ
本気噛みをおぼえ 家族は流血の日々
その後は君との絆を深めるのに悪戦苦闘

わんこに噛まれたことがない私は
痛む手より 心がとても傷つき
『もうこんな犬いらない!』
と 号泣した日もあった
今はそれもいい思い出

信頼関係が築けてきたかな?

我が家には大事なお坊ちゃま
ジェイリー 大好きだよ
これからもずっと
仲良くやっていこうね♡



24068792_1540778462658551_51468230478298515_o_1.jpg



b_illust_121_0M.png




~母ちゃんの多すぎる独り言シリーズ~


食べムラに潜む病気



ジェイリーお迎え記念日の今日
私は敢えて
別の話をしたいと思う


ジェイリーは我が家に来た
3頭目のシーズー

のほほ~んとした風貌
いつもポヤンとしたおっとり派

そんなシーズーが大好きな我が家


我が家をシーズーの虜にした
初代シーズー チャチャちゃんについて
少し話してみたいと思う


チャチャ 1995年 2月18日生
2005年 11月3日 ウイルス性髄膜炎にて虹の橋へ
10歳8か月の命だった

チャチャは旅立つ数時間前まで
いつも通りに
楽しそうに過ごしていた


唯一 数か月前に 三半規管がおかしいのか?
と思うような フラフラとした歩行が2度あった

もちろん病院にも連れて行った

生後数か月目から
ずっと耳が悪く
ブリーダー紹介の病院へ
毎月 毎月 飲み薬を貰いに行く生活

悲しいかな この頃の私は
飼い主としてできることは
そのくらいだと信じて疑わなかった



ただ…
このチャチャが命を懸けて
私に伝えたかったこと
気づいて!と訴えていたことに
その時の私は
全く気づけてあげられなかった




後にそれに気づいた私は
その後のワンコ育てが大きく変わったと言っても
大げさではない


チャチャは亡くなる3年前くらいの
7歳あたりから
食べムラが酷くなった

“ご飯だよ~”と言われると
逃げて隠れてしまう日すらあった

ドライフードを食べないため
ウェットフードにしても
3日で飽きてしまって
またいらないと言い出す

フードを変えて数日だけは食べてくれるが
すぐに飽きてまた食べない日々

でも これは全て
単に わがままな子なだけと思っていた



その理由は…
ササミジャーキーやお芋
おやつなどは
嬉しそうに
ちゃんと食べてたから




医者に相談すると

『単なる甘やかしからの行動で
自殺する犬はいないから 
食べるまでドライフードを入れて
何も上げないでください』

と言われ 言われるままにやってみたが
何も食べないまま 体調を壊し
点滴になってしまう始末



結果 この食べムラは
わがままでもなく
食べなかったのでもなく

潜伏していた病気のために
食べたくても
食べられなかったということに
気づくのである




明日へつづく…



IMG_3634_1.jpg
※昔のフィルム写真のため画質が悪いです




インスタグラムは
↓こちら↓


Instagram



ライン_6








テーマ : 日々のできごと
ジャンル : ライフ

そもそもストレスってなぁに?





前回記事の拍手コメントで
少し気になる内容があったので
ちょっくら予告内容を延期して

そもそもストレスってなぁに?

ってことを少し記事にみる




またまたこの多すぎる独り言シリーズは
能書きだらけだし 字ばっかりでつまらん!って方は
サクッとスルーしてくだされ~




結構誤解されてるなぁ~って思うことに

ストレス=つらくて嫌なこと

って思っている人が多い気がする


実はこれは違っていて
ストレスって
楽しい時も 嬉しい時も 悲しい時も つらい時も
つらいとか楽しいとかは全く関係なく




心や体に受けるありとあらゆる刺激
これがストレス


※画像と記事は特に関係ありません
P1140880_1.jpg



ストレスと言うと無い方が良いような気はするが
刺激と言われると
無さすぎても少なすぎても
体調不良を引き起こしてしまいそうなのは
なんとなくわかる気がしないだろうか?




大切なのは
ストレス(刺激)とリラックス(刺激のない状態)の
バランス





わんこも同じだと思う


アールはドッグランでボール遊びをするのが大好き
でも大好きすぎて(刺激が強すぎて)
ずっとストレス(刺激)にさらされて
疲れ切ってしまう

私は旅行が大好き!
旅行中は嬉し楽しストレス(刺激)が目白押し
結局 家に帰ると
家が一番!
ドッと疲れが押し寄せる
誰しも経験あると思う


※画像と記事は特に関係ありません
20161013010032571.jpg

大好きなボール遊びと大嫌いなわんこが
どっちも混在している場所で
ダブルストレス(刺激MAX)だ

でもそのあと

信頼している家族とだけ過ごす
リラックスできる静かな時間
(受けたストレスを発散する時間)

このバランスがとても大事なんだと思う


※画像と記事は特に関係ありません
IMG_3117_1.jpg


とはいえ 昨今のペットたちは昔と違い
部屋で飼われているがゆえに
ストレス(刺激)が多すぎる傾向にある


擬人化されたり 過干渉などから
個体の性格によっては
心&体の不調の大きな原因となっている場合もある


私も含め
ストレス(刺激)が蓄積していることに
気づけていない人も多い

※画像と記事は特に関係ありません
P1150263_1.jpg


大切なわんこの心&体を守るために
日々の生活の中
受けたストレスは発散・解消できるよう
工夫して暮らすことが
非常に大切な気がする



人間と違い
わんこの一生は極端に短い


その短い犬生
楽しそうだから
嬉しそうだから
喜んでいるからと
そういったストレス(刺激)を長く続け
リラックスする時間とのバランスが崩れてしまうと
個体の性格によっては
不調をきたす可能性もある


それは下痢であったり
舐め壊しであったり
免疫力の低下だったり
様々な形で現れたりする


※画像と記事は特に関係ありません
IMG_2973_1.jpg



ストレス臭
も参考にしつつ
傍にいる飼い主が
きちんとバランスがとれるように
しっかり守っていけたらと思う


我が家の場合
性格が正反対の多頭飼いだ

どっちも飼い主にとっては大切な我が子

しかし 望んでもいないのに
ある日突然 一人っ子ではなくなった
先住犬ジェイリーのために
一日に一回必ず
一人っ子時間を作って
思いっきり
甘えたいだけ甘えさせることにしている



インスタグラムは
↓こちら↓


Instagram



ライン_6




本日の心理テストは
お休みです





いつも訪問ありがとうございます



コメントはお気軽にどうぞ!
時間を見つけて必ずお返事いたしますね(^_-)-☆



~本日も良い一日を過ごしてくださいね~







テーマ : 日々のできごと
ジャンル : ライフ

ストレスと体臭




ひっさびさに
母ちゃんの多すぎる独り言シリーズ
能書きシリーズともいう (←いつシリーズ化に?)


普段アホなことばっかり書いている当ブログ
たまには真面目なお話も
しっちゃおっかなぁ~って思い



 今日のテーマは 
ストレスと体臭




このシリーズ “字” ばっかりなので
つまんない方はスルーしてくだされ~(;^ω^)


わたくし 生まれたときから今日まで
ほぼほぼ
わんこのいない生活がない



そんな長年のわんことの生活の中で
今思えば…的な感じで
えっ?こういうことなん?
と最近になって気づいたことが多々ある (←遅くね?)


※記事と画像は関係ありません
IMG_3350_1.jpg


わんこ臭ってよく聞く言葉だけど
このわんこの“におい”の中に
ストレス臭
というのが存在することに気づいた


そこで このストレスと体臭について
調べてみた


わんこ臭って
ドッグフード カラー 犬種 などなど
その原因はさまざまだが
もっと注目されなきゃいけないのが
ストレス臭


人間は 疲れたり 極度のストレス下に晒されると
足の裏に異常に汗をかいたり
体臭や口臭が酷くなる


人間に関しては
ソコソコ勉強もしたし知っていたが



まさか わんこも同じだとは 知らなかった



カラーの濃い子は体臭が強いとよく聞く
しかし
うちのアールは真っ黒くろすけだが
体臭が全くと言っていいほど気にならない (←これほんと)

いつも寝ている場所の
バスタオルや毛布の柔軟剤の香り


トリマーさんも
『黒い犬は独特のにおいがあるのに…』と
アールの無臭っぷりに驚くほどだ
(ちなみにトリミングまで一か月間 特に汚れなければシャンプーはしません)



※記事と画像は関係ありません
IMG_3359_1.jpg



シーズー犬のジェイリーは
ソコソコ臭う犬種だけれど
普段 家の中で過ごしている時には 
こっちも殆ど気にならない



しかーーーし



この子はとても神経質な子で
病院へ行った時や 
ヨソの家で何度も名前を呼ばれたり
嫌のことを強いられると


ん?…なんか急に…犬くさっ!(←犬だし)


って感じで普段家ではしない臭いを放つ (スカンクか!)
なんかこう…犬のにおい!(←犬だし)
ただ そのストレスから解放されると
忽ちにおいは無くなってしまう



まさにこれこそ ストレス臭 である



※記事と画像は関係ありません
IMG_3209_1.jpg


今まで わんこのストレスサインは
成犬でも尻尾を追いかけてずっと回っていたり
よく自分の体を舐めたり掻いたり
あくびをしたり
ブルブルと体をふるう動作をしたり
だと思っていた


毎回 同じ時間に散歩していると
その時間に散歩に行けないことでストレスを与えるから
時間は決めない方がいいとか
いぬのき〇ち なる本には書いてある





ストレス ストレス といっても
人間と同じで
同じ環境下 同じシチュエーションでも
ストレスと感じるわんこもいれば
なぁ~んとも思わないわんこもいるはず

10頭いれば10頭の性格があり
その中には
ストレスに強靭なタイプもいれば
とても神経質で繊細なタイプもいるはず



なので


多頭飼いが増えてきた昨今
タイプの違うわんこを
みんな同じように過ごさせている時に

なぜか同じご飯を食べさせているのに
この子だけ “臭う” 


なんてことがあるかもしれない


そんな時は
この子の体質なのね…とか
たぶん遺伝ね…とかで済ませず


一頭だけ体臭の強い子がいたら
ストレスを抱えていないか考えてみるのも
ひとつかもしれない



人間もわんこも
ストレスは寿命に大きく影響するので
今後もストレスは軽視せず
きちんと対処していこうと思う



この能書きシリーズ ちょこと続くかも?
次回は 食べムラと潜む病について…書く予定
予定だよ よ・て・い w




※記事と画像は関係ありません
IMG_2979_1.jpg






インスタグラムは
↓こちら↓


Instagram



ライン_6




本日の心理テストは
お休みです



いつも訪問ありがとうございます



コメントはお気軽にどうぞ!
時間を見つけて必ずお返事いたしますね(^_-)-☆



~本日も良い一日を過ごしてくださいね~





続きを読む

テーマ : 日々のできごと
ジャンル : ライフ

ご訪問ありがとう
プロフィール

ばうりんがる

Author:ばうりんがる

シーズー(♂)
名前:ジェイリー

超お坊ちゃま気質
ナルシストなマザコン
好奇心旺盛
外面が良くても犬種独特の
頑固さは天下一品
変顔で7.9kgもある
でも純血種シーズー
動きはスローモーション

☆・‥…━━━☆

トイプードル(♂)
ドワーフタイプ
(短足胴長プードル)
名前:アール

ビビリでも正義感と
忠誠心は◎な元気っ子
飼い主には無抵抗
何されてもOK
7.5kgのブラックタン
動きは3倍速

ジェイ君いくつ?
アッ君いくつ?
似顔絵
ブログうちのこ
のんさま作
https://blog-imgs-118.fc2.com/c/h/a/chachadaijr/IMG_1573_2.png

http://blog-imgs-98.fc2.com/c/h/a/chachadaijr/unnamed_2.jpg

http://blog-imgs-86.fc2.com/c/h/a/chachadaijr/0SC02597_2.jpg

http://blog-imgs-42.fc2.com/c/h/a/chachadaijr/DSC02002_convert_20141030092232_1_201410302309384f1.jpg


わんこマルシェにて
ぶぶはこさん作
http://blog-imgs-67.fc2.com/c/h/a/chachadaijr/P1070196_3.jpg

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新コメント
インスタグラム
Instagram
にほんブログ村参加

月別アーカイブ
過去記事はここからどうぞ

全ての記事を表示する

カテゴリ
JR or ばうりんがるへメッセージ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
お気に入りブログ
  • 管理画面
  • ブログ内検索
    Amazon
    楽天市場
    僕たちのご飯 馬肉
    僕たちのご飯 鹿肉
    僕たちのご飯 鶏胸肉
    僕たちのご飯 牛肉
    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    黒毛和牛もも 和牛ブロック 約500g〜600g ローストビーフに
    価格:2000円(税込、送料別) (2017/11/22時点)


    僕たちの歯のケア用品
    僕たちのサプリメント
    僕たちのシャンプー&リンス
    僕たちのトイレシート
    僕たちの虫除けスプレー
    僕たちのお掃除用品
    フォント
    QRコード
    QR
    こんなとこにも J & R
    ドッグファン
    携帯アプリ
    JRブログが掲載されました